新着情報

2022.06.03 103号地契約しました。
2022.06.02 102号地契約しました。
2022.06.01 101号地契約しました。

不動産のお取り引き

不動産売買

土地

岡山県津山市に建築条件なしの分譲地を提供しています。

残り100区画

土地建物

賃貸戸建(岡山市)

北区大安寺


中区さい東町


賃貸戸建(津山市)

西吉田43N


西吉田43S


西吉田207


西吉田208


西吉田210


西吉田222


西吉田233


未来へのお金づくり

マイホームの購入は資産づくりの第一歩です。
あなたのかわりに働く資産を活用して将来に備えましょう。

「貯蓄」から「資産形成」へ

人生の中では、就職や結婚、子どもの教育、住宅購入など、さまざまなイベントが発生し、そのときどきでお金がかかるものです。 そこで、こうした人生における各種イベントを想定して、どのくらいのお金がかかるかを考えて準備したり、あるいは病気や災害といった想定外の事態に備えたりしておく必要があります。 「資産形成」には、「貯蓄」と「投資」の2つの方法があります。「貯蓄」とはお金を蓄えることで、銀行の預金などがこれに当たります。一方、「投資」とは利益を見込んでお金を出すことで、株式や投資信託などの購入がこの「投資」に当たります。 銀行などに預けている普通預金などは、基本的に「自由に引き出せるお金」と言えるでしょう。日常生活資金を始めとした、すぐに必要となる可能性のあるお金は、こうした自由に引き出すことのできる(流動性が高い)「貯蓄」の形で、持っておくことが大切です。 一方、教育や老後資金など、今すぐに必要にならなくても、将来のために増やしていきたいお金は、株式や投資信託などを利用した「投資」の形で、長い期間をかけて少しずつ増やしていくと良いでしょう。これらの「投資」の形で持っていると、お金として引き出して使うためには、投資した資産を売却して現金に換えるなど、一定の手順を踏む必要があります(流動性が低い)。また、値上がりや利益の分配などを通じて、預貯金よりも利益を得られる可能性が高いという性質がありますので、一般的には、ある程度、先を見越した備えのために活用するのに向いています。

投資の学び

金融商品を上手に活用して「お金を増やす方法」を広げていきましょう。

年金・税の学び

年金と税金は人生の中で大きく関係するお金です。仕組みを再確認し将来のために活用しましょう。