社長の格付 ガキ使風解説動画 2/6回シリーズ

 零細企業に36協定なんか必要ない!?

 

そもそも36協定とは何かといいますと

最近話題の残業に関する社長と従業員の取り決めのことです。


 36協定を軽んずべからず!

 

この36協定がないと1日8時間、週40時間を超えての労働を命じることは一切できないんです。

できないどころか、させてしまうと労働基準法違反で罰せられてしまうこともあります。

 

ちなみに、36協定を結んでも残業時間の上限は年間360時間までと決められています。

 (特記事項のある場合を除く)

◆ドキュメントサーチ◆

■賃金制度導入改定サポート

■空家管理

■人事評価・昇格制度導入改定サポート


 労務問題相談

■100年人生の資産運用術

 はなのやま倶楽部