経営、社員の採用・教育などについてのつぶやき

ビジネスのより高みを「儲け」を起点にナビゲート


今日のゴミ拾いダイエット

今日は綺麗だった
今日は綺麗だった

最近、夜中の大掃除があったのか?

いつもの通勤路が綺麗でした。

85.1kgです。まだデブです。
85.1kgです。まだデブです。
1 コメント

オイシイのは「新卒」か、「中途」か?

オイシイのは「新卒」か、「中途」か?

これに気づいている社長はわずかなんです。

中小企業経営者のかなり多くの方々は「新卒採用なんか、自分の会社には関係ない」とお考えではありませんか?

新卒採用は大手や人気企業がやるもの」

「若い子はウチには来ない」

「即戦力しかいらない」

耳にタコができるほどよく聞きます。

 

さて、2013年3月卒学生の民間企業就職希望者は43.5万人となっています。(リクルートワークス研究所調べ)

この43.5万人に対して求人を行っている企業は50000社程度といわれています。日本の企業数は統計局の調査で600万社以上。つまり1%弱の企業しか新卒採用を行っていなくて、その1%弱の企業だけでこの43.5万人を取り合っているというわけです。

もちろんこの新卒採用を行っている50000社の中には大手企業・上場企業など日本を代表するような誰でも知っている会社の殆どが含まれているのは言うまでもありません。

それらの会社だけと争って新卒者を獲得するわけではないのです。

ここで注目して欲しいのは、「50000社も」新卒採用を行っているこの事実をご理解頂きたいのです。

みなさん、よく考えてみてください。

日本の50000社もの企業名を知っていますか?

無理ですよね。豊富な社会経験を持つ皆さんでさえわからないんです。学生ならなおさらですよね。

ちなみに上場企業数は4000社弱なのです。

・・・ということはです。

 

実は、新卒採用を行っているのは、上場企業、大手有名企業や人気企業ではない会社が大半なのです。

実は、私がお世話になっている株式会社ウエスコも、昭和45年創業、まだ零細企業だった4年後の昭和49年には新卒採用を始めています。そこからの成長はスゴイものがありました。

新卒採用を行っている中小企業は実は、思いの他多いのです。言い換えれば、中小企業でも新卒採用は、経営視点から考えても有効だと判断されている経営者がそれだけ多いということなのです。

ただし、このことは「知らない」「理解できない」「興味がない」

そんな、「ないない」経営者の方が多いのも事実です。

一度、この固定観念を取り払ってみていただきたいのです。

社長の頭の上には、大きな漬物石(=固定概念=思い込み)がドンと乗っかっているんです。

漬物石を叩き割った経営者の方は、みなさん新卒採用の“オイシサ”に心奪われているのです。

知りたくないですか?

どこがどう“オイシイ”のか。

次回から、包み隠すことなくこの“オイシサ”をお伝えします。

1 コメント

経営者の仕事とは?

条件  

何かをやるときに「そんなことを言ってもダメですよ」と言う。  
人間は「無理だ」と思うと努力をしません。

自分が実行したいと思うと、なんとかします。  

条件とは、“やりたくない条件”を設定しているのです。  
自分がやりたいものについては、無理やりその条件を変えます。  

条件とは、他人が決めているのではなく、自分の気持ちによって左右され ているのです。  

例えば、旅行に行く場合、「子供が小さい」、「お金がない」等と言いますが、これらは“行きたくない条件”です。

自分が行きたければ、お金は 借金する、子供や親は誰かに頼む、など、いかようにもします。  

良い条件か、悪い条件かは、(他人ではなく)すべて自分が決めているのです。

経営者の仕事は何か?   それは、「決断すること」。これが最大の仕事です。

0 コメント

本日は経営訓を!

底荷(そこに)のない船は、不安定でまっすぐに進まない。
                ショーペンハウアー 哲学者

 

一定量の心配や苦痛・苦労は、いつも誰にも必要である。                  

1 コメント

儲からない会社の仕事のバランス

仕事っていうものは、大きく2つに分けられますよね。 

 

1つは利益に直接繋がる仕事。 

もう1つは利益に直結しない間接的な仕事である。 

 

勘違いしないでください。どちらも重要な仕事である場合は多いのです。

問題は、バランス。

 

儲からない会社は、長時間労働をしようとも、どんなに忙しくしていようとも、間接的な業務時間の割合が多い。

これについて一度真剣に考えて、分析して、考え方を変えて、改善するとあっという間に儲かる会社に変身することも。

4 コメント

東電、一般社員も年俸制 「実力主義」で優秀な社員確保??

10月25日新聞各社の記事にこの見出しがおどっていたが・・

その中で、40歳年俸の差が180万円から350万円に拡大するとの記事があった。

 

給与に不満があって最近若い社員が辞めていっているのだろうか?

これは、今問題になっている東京電力だけの問題ではないと思われるが、

 

給与制度を慌てて変更=お金で若手社員をつなぎとめる

 

その姿勢が変わらなければ今後も退職する若手社員は減りはしないと思うが・・どうだっ。


3 コメント